カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

川上ひかり

Author:川上ひかり
個人サロン「ゆったり」そして、手づくりせっけん&アロマクラフト教室「ゆったりLabo.」主宰

2007年10月にmamaWell~ママのキレイと元気を応援~を立ち上げました

sTYLink


横浜市青葉区の
プライベートサロン
アロマクラフト教室
手づくり石けん教室
ゆったりLabo.
Webショッピング
サロンからのおすすめと重曹などを取り扱い

mamaWell
~ママのキレイと元気を応援!~

Aroma-Yogaのワークショップなど各種イベント

mixiはこちら

リンク

メールマガジン登録

『ゆったり新聞~karada&kokoro&hada~』(ID:0000257243) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

tag

Waccaブログバックアップ用
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンカチの持ち上げ方
2006/10/05 [Thu]09:08
category:こころとからだ
ハンカチ(もしくはハンカチタオルでも)を

膝の上にひろげます

そのハンカチを指でつまんで持ち上げてみてください


持ちあがりましたね、

さて、あなたはハンカチのどの部分をつまんだでしょう?



banner_03.gif←クリックありがとう!
今日の記事、心理テストではないですよ~


はじっこをつまんで持ち上げても
真ん中をつまんでも

両手の指を使ってつまんでも
片手だけでも

ハンカチは膝から離れて上に持ち上がりましたよね?


もし、そのハンカチがほつれていて
細い糸がピロ~ンと1本出ていて
その1本のほつれ糸をつまんで持ち上げたら…
もしかして、糸が切れて
ハンカチそのものは下に落ちちゃうかもしれない


このハンカチを人にたとえた文章が
今読んでいる本に載っていた

ほんの一つの部分を持ち上げることで、全体が上に上がる
たった一つでもいい
その子のいいところを褒めて褒めて
その子全体が持ち上がることによって
苦手なことや短所もいつの間にか短所じゃなくなっている


親野智可等さんという人の
いわゆる子育てhow toの本です

子育てというか親育てですね

子供は親に甘えて依存して、安心しながら成長していく

「あなたのいいところも悪いところもひっくるめて
あなたのことが大好き!」
理由なんてない
その無償の想いが子供に伝われば
こどもは安心する

親はそれをうまくわが子に伝えられているだろうか?
こどもは安心しているだろうか

そんなことを事例をあげてわかりやすく書いてある本
でした
わかっているようで、見過ごしてきたこと、
頭では理解しているつもりでも
行動が伴っていなかったこと
自分を見つめ直すのに
たまにはhow toものもいいな、と思った読書の秋

子育てに限らずとも
人間関係全般にこのハンカチ話が当てはまるんじゃないかな?

スポンサーサイト
はじっこをつまんで持ち上げても
真ん中をつまんでも

両手の指を使ってつまんでも
片手だけでも

ハンカチは膝から離れて上に持ち上がりましたよね?


もし、そのハンカチがほつれていて
細い糸がピロ~ンと1本出ていて
その1本のほつれ糸をつまんで持ち上げたら…
もしかして、糸が切れて
ハンカチそのものは下に落ちちゃうかもしれない


このハンカチを人にたとえた文章が
今読んでいる本に載っていた

ほんの一つの部分を持ち上げることで、全体が上に上がる
たった一つでもいい
その子のいいところを褒めて褒めて
その子全体が持ち上がることによって
苦手なことや短所もいつの間にか短所じゃなくなっている


親野智可等さんという人の
いわゆる子育てhow toの本です

子育てというか親育てですね

子供は親に甘えて依存して、安心しながら成長していく

「あなたのいいところも悪いところもひっくるめて
あなたのことが大好き!」
理由なんてない
その無償の想いが子供に伝われば
こどもは安心する

親はそれをうまくわが子に伝えられているだろうか?
こどもは安心しているだろうか

そんなことを事例をあげてわかりやすく書いてある本
でした
わかっているようで、見過ごしてきたこと、
頭では理解しているつもりでも
行動が伴っていなかったこと
自分を見つめ直すのに
たまにはhow toものもいいな、と思った読書の秋

子育てに限らずとも
人間関係全般にこのハンカチ話が当てはまるんじゃないかな?

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

褒めるって大事だよね。
イライラして当たっちゃう時もあるけど必ずすぐに謝るようにしてるよ。「さっきはおこってごめんね」って。すると娘も同じように謝ってくれるからすぐに仲直りできるんだ。
でもパパが一緒のときには2人同時には怒らないようにしてるかな、逃げ場作ってあげないとね、でも逃げ場の人は甘やかすわけでもなくてただ聞いてるだけ、基本的に口はださないかな。いけないことするときって本人わかっててするじゃない、だからあんまりしつこくするより一言で済ましたほうが効き目ある気がするしね~。

でもそれ以上に褒めて褒めて♪でも兄妹がいたらそういうわけにもいかなくなるだろうけど「おねえちゃんなんだから」は禁句しなきゃ!とは心に誓ってるよ。私は逆に「お兄ちゃんは年上なんだから!」ってよく母に怒られてもん。
でもhikari家の息子は女の子思いだしやさいいもん。男のこはうまく乗せちゃえばころっと言うこと聞くから!ってよく友達が言ってるよ(*^m^*)
【2006/10/05 16:52】 URL | mary #- [ 編集]


◇maryさん◇
citrusちゃんのやさしさや素直さのもとはそこかっ!
そう、逃げ場を作ること。これは暗黙の了解だよね。
この夏、義母に教わったもうひとつのことは
そこでパパに「そんな言い方しな食ってもいいじゃない!」って言わないようにすること(苦笑)
必ず夫婦は子供の前でお互いを立てること、これも大切よね!
【2006/10/05 18:37】 URL | hikari #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aromaroom.blog31.fc2.com/tb.php/140-7fca8bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事

カテゴリー

コメントありがとう!

ゆったりへのメッセージ

ブログのコメントは入れにくいな、と思ったらこちらをご利用ください。ご意見、感想大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:

HNを明記してください

木精占い

SQ Life 木精占い

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。