カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

川上ひかり

Author:川上ひかり
個人サロン「ゆったり」そして、手づくりせっけん&アロマクラフト教室「ゆったりLabo.」主宰

2007年10月にmamaWell~ママのキレイと元気を応援~を立ち上げました

sTYLink


横浜市青葉区の
プライベートサロン
アロマクラフト教室
手づくり石けん教室
ゆったりLabo.
Webショッピング
サロンからのおすすめと重曹などを取り扱い

mamaWell
~ママのキレイと元気を応援!~

Aroma-Yogaのワークショップなど各種イベント

mixiはこちら

リンク

メールマガジン登録

『ゆったり新聞~karada&kokoro&hada~』(ID:0000257243) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

tag

Waccaブログバックアップ用
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイククレンジングの落とし穴
2006/02/07 [Tue]23:51
category:スキンケア
夏場は皆さん(平均年代30代)紫外線対策を万全にしています。
スキンケアは、、、というと
「お風呂上りにすぐ汗かいちゃうから化粧水をはたくだけよ」とか
「べたついて気持ち悪いから乳液やクリームは使わないの」の声が多い!
落とすもの(メイククレンジングや洗顔)と、UVファンデーションはしっかり、補うもの(化粧水・乳液・クリーム)はちょっぴり。

…ここでまた落とし穴発見!

今の時代、化粧品もかなり進化しました(って、その昔の化粧品は体験したことがありませんが(^^;)。
夏用のファンデーションは「焼かない!くずれない!」とその密着性をうたい文句にしたものが多かったですよね?
ファンデーションや日焼け止め、メイクアップものは原料のほとんどが油分です。
それを落とすクレンジング剤も油分です。
「崩れない」ファンデーションを「簡単に」落とすクレンジング剤、
しかもそのクレンジング剤はべたつかず、お湯でさっぱり洗い流せる。
そんなスキンケア用品がどこのお店でも簡単に手に入るのが今の時代。
極端な話、100円ショップでもひと通り揃いますよね。

…問題その1;「油分を取り去りすぎ!!」
 落とす力の大きいクレンジング剤はファンデーションなどの汚れだけでなく
肌に必要な、肌が生み出した油分まで落としてしまいます

…問題その2;「お肌のバリア機能の破壊!!」
 メイククレンジングの油汚れを落とす仕組み。台所用洗剤も同じ。
「油汚れに強くて、すすぎも早い!すっきりきゅっきゅっ♪」
これは、「合成界面活性剤」という合成化学物質のおかげです。

ガラスのお皿にしみこむことはありませんが、肌にこの物質がくっつくとお肌のバリア機能が壊されます。だからゴム手袋をしないで食器洗いをすると手あれするでしょ?

お肌のバリア機能っていうのは肌表面の潤いをたくわえて、皮脂膜で覆い、肌の外に水分が逃げないようにする仕組み。これが壊されるってことは。。。考えただけでオソロシ~(>_<)



そんなこんなで、紫外線からはお肌は守れたけど
朝晩のお手入れで肌を痛めてしまった方たちがたくさんいらっしゃいます。
でもね、お肌というのは健気です。
痛んでしまった(=バリア機能の壊された)肌の表面を修復しようと一生懸命がんばります。新しい肌細胞をいつもより速いスピードで生み出すんですよ。でもね、その細胞は残念ながら未熟児ちゃんです。
肌の奥で産まれた未熟な細胞は28~32日周期で肌の表面に出てきます。
中には力が弱くて歩みが遅い細胞たちもいるので40日以上肌の奥にとどまっている子達もいるかもしれません。

夏場、湿度も高く、気温も高い時期はその細胞の持ち主も、トラブルをさほど感じません。
残暑のころ、朝晩涼しくなってきて、湿度もぐんと下がってくると、「かさかさ・ごわごわ・くすみ・化粧のりの悪さ」といった肌トラブルがどかっと感じられるようになるのです。

日常、お仕事をしていたり、子育てをしていたりすると、そこまで自分の肌のこと、いたわって考えることはあまりありませんよね?しかも細胞レベルでなんて…
でも、この仕組みさえわかっていれば大丈夫。
安全な化粧品を使って健康な細胞が肌の表面に常駐するようにお手入れしてあげればよいだけです♪

合成界面活性剤のお話はまた次の機会に・・・

スポンサーサイト
そんなこんなで、紫外線からはお肌は守れたけど
朝晩のお手入れで肌を痛めてしまった方たちがたくさんいらっしゃいます。
でもね、お肌というのは健気です。
痛んでしまった(=バリア機能の壊された)肌の表面を修復しようと一生懸命がんばります。新しい肌細胞をいつもより速いスピードで生み出すんですよ。でもね、その細胞は残念ながら未熟児ちゃんです。
肌の奥で産まれた未熟な細胞は28~32日周期で肌の表面に出てきます。
中には力が弱くて歩みが遅い細胞たちもいるので40日以上肌の奥にとどまっている子達もいるかもしれません。

夏場、湿度も高く、気温も高い時期はその細胞の持ち主も、トラブルをさほど感じません。
残暑のころ、朝晩涼しくなってきて、湿度もぐんと下がってくると、「かさかさ・ごわごわ・くすみ・化粧のりの悪さ」といった肌トラブルがどかっと感じられるようになるのです。

日常、お仕事をしていたり、子育てをしていたりすると、そこまで自分の肌のこと、いたわって考えることはあまりありませんよね?しかも細胞レベルでなんて…
でも、この仕組みさえわかっていれば大丈夫。
安全な化粧品を使って健康な細胞が肌の表面に常駐するようにお手入れしてあげればよいだけです♪

合成界面活性剤のお話はまた次の機会に・・・

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aromaroom.blog31.fc2.com/tb.php/177-5fa6380c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事

カテゴリー

コメントありがとう!

ゆったりへのメッセージ

ブログのコメントは入れにくいな、と思ったらこちらをご利用ください。ご意見、感想大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:

HNを明記してください

木精占い

SQ Life 木精占い

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。