カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

川上ひかり

Author:川上ひかり
個人サロン「ゆったり」そして、手づくりせっけん&アロマクラフト教室「ゆったりLabo.」主宰

2007年10月にmamaWell~ママのキレイと元気を応援~を立ち上げました

sTYLink


横浜市青葉区の
プライベートサロン
アロマクラフト教室
手づくり石けん教室
ゆったりLabo.
Webショッピング
サロンからのおすすめと重曹などを取り扱い

mamaWell
~ママのキレイと元気を応援!~

Aroma-Yogaのワークショップなど各種イベント

mixiはこちら

リンク

メールマガジン登録

『ゆったり新聞~karada&kokoro&hada~』(ID:0000257243) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

tag

Waccaブログバックアップ用
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容液の大切さ
2007/02/14 [Wed]10:29
category:スキンケア
◇お知らせ◇ゆったりの1周年記念キャンペーン企画、ご予約満了です(2007.3.3)。ありがとうございます!!3月中には新メニューも登場、ご期待ください!
********************************************

今日、春一番、来ちゃうのでしょうか???
まだ2月の真ん中なのに!

さて、ここのところ、フェイシャルケアをしていて感じることを少し。

巷で見かける美容液は数あれど
その基本中の基本の目的は何か

みなさんご存知でしょうか?

肌の内側に潤いや美白成分を届けて、それを留めること

正解かどうかはその美容液にもよりますが
基本的にはこういうこと

肌の一番外側の角質層という
いわゆる「皮」の部分を
化粧水などの水性化粧品でふやかし潤してから
美容液を浸透させていく
この作業ではじめて肌の内側に届く栄養分なので

洗顔後にいきなり美容液をてんこ盛りに塗っても肌の表面で乾くだけ

また、「自分でお肌を触ってみても乾燥は感じないから、化粧水と乳液だけでいいわ」としてしまうと

いわゆるインナードライ肌へと傾くことがあります

つまり、肌の内側、皮をペロッとめくった部分は
水分不足でしぼみがちということ

大人のお肌になってくるにつれ
この肌の内側のみずみずしさが
非常に大切になってきます

また、シミのもととなる黒い小さなポツポツも
この肌の内側に潜んでいるのです

見た目年齢が変わってくるのもこの辺がポイントなのではないかな?と思っています



そこで登場。
i-White Powerful White Serum

美白と保湿を両立する
数少ない美容液なのです
「シミ・くすみを浄化」するのに重要な有効成分が
非常に多く含まれています!!
開発者の山岡さん、採算度外視なのでは?
と心配になるほど…(余計なお世話ですね)

これを1~2プッシュ、ホワイトビタローション(化粧水)で肌を潤したあとに馴染ませます
乾燥が気になるところ(私の場合は目元と鼻筋の両側)は重ねづけ

手のひらでじわ~っと包み込んであげればするすると馴染んでいきます

そしてフィニッシュの保湿クリームへと。。。


人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aromaroom.blog31.fc2.com/tb.php/220-249c7046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事

カテゴリー

コメントありがとう!

ゆったりへのメッセージ

ブログのコメントは入れにくいな、と思ったらこちらをご利用ください。ご意見、感想大歓迎!

名前:
メール:
件名:
本文:

HNを明記してください

木精占い

SQ Life 木精占い

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。